2018-09-02 UPDATE

【活動報告】EVO2018 活動レポート ~BKC編その①~

| | | |
LINE

BKC、人生初のEVOへ。

帰りの飛行機でやることも特にないので、忘れないうちに今回の遠征『Evolution2018』を振り返っていこうかと。

・出発前日

前日はnamco巣鴨のお仕事はお休みで1日家に引きこもって家庭用をやるつもりが阿佐ヶ谷へ行く用事が出来てしまう。
この用事が結構大事なことでして、スポンサー提供アイテム『TAS』さんのスニーカーが阿佐ヶ谷に置いてあると…。

『TAS MANIA2 NAVY』

ユニフォームしかり、イベント時に身に付けるアイテムを忘れてしまうことはとても罪が重い訳です。
EVO前だから家庭用もやらなくてはいけないけど、スニーカーの回収が先ってことで阿佐ヶ谷へ。せっかく家を出たことだし、帰り道の途中にあるnamco巣鴨店に寄り道。
この日は水鴨(ほぼ毎週水曜に行われている1onの称号大会)で、『EVO』という本番に向けての軽い調整がてら大会に参加。1先トーナメントでブライアンを使用し優勝。まぁここでつまずいたら先が不安だったので勝てて良かったです(^^)
大会終了後は知り合いと『いまむら』のラーメンを食べて帰宅。
帰宅後は出国の準備~家庭用で朝方まで鉄拳してましたね。笑

・出国当日~ラスベガスへ

羽田空港集合が17時半だったので、余裕を持って昼くらいに起床。
出発ギリギリまで家庭用をやってからの羽田空港で初代鉄拳番長じゃくらぁー氏、天帝ゼクス氏、


WalkerGamingチームメイトの影丸と合流し、出国審査を済ませ、その後はJALのラウンジでご飯。
この時に影丸と「あとは寝るだけっしょ!」とか言って、ビール飲んで気持ちよくなってましたm(__)m

飛行機の出発時間になり、いざアメリカへ。約10時間のフライト、あとは寝るだけ。(笑
途中何回か起きたりしたけど、アメリカのサンフランシスコに到着。アメリカには着いたけど、まだ油断出来ません。
EVOの会場のあるラスベガスへ行くためには飛行機を乗り継ぐ必要があり、ここで税関を通過しなければならないのですが、
2月に行われた鉄拳の大会『StrongStyle』でアメリカへ訪れた際に税関で色々と質問攻めされた苦い記憶が蘇ります(´・ω・`)
税関には長蛇の列、チェックポイントまで約1時間待ち。
あらかじめ質問されるであろう内容とその答え方を予習して、チェックポイントへ。予想では前回と同様に質問されると思っていたけど、意外と簡単に税関をスルー出来て助かりました。
もしかしたらメッチャ混んでた影響でチェックが甘くなってたかもしれませんね。(笑


次は飛行機を乗り継ぎラスベガスへ。さすがに国内の移動なので、さほど時間も掛からずラスベガスに着く。
事前に調べた情報によるとラスベガスの気温が40℃前後で「40℃やばい。溶ける。」と思っていたが、日本と比べると湿気がないせいか、だいぶ楽でしたね。
ラスベガスの空港へ到着してからは『UBER』で移動し、ホテル兼EVOの会場である『Mandalay Bay』に向かいます!
ホテル到着、とりあえずチェックインしようとするが、ここで問題発生…。
どうやら手違いで会場のあるホテルではなく、『Mandarin Oriental』という5つ星ホテルを予約してしまったと…。
なので、一旦チェックインはお預けで先にEVOのエントリーを行いました!
参加者の証を手に入れ、気持ちも高まってきたところでホテルへ移動。

まずはチェックインを済ませ、近くのスーパーマーケットで買い出し、大量の水と各々が好きなドリンクを購入したりしました。ホテルで水を買おうとすると通常の値段が倍するので、スーパーで買うのが安定。(笑)
この後はエビ料理の店で夜ご飯を食べて、ホテルに戻って軽く鉄拳してラスベガスの初日が終了しました。

・EVO初日

この日は一緒に行動してた4人は試合がなく、朝~昼過ぎくらいまでホテルのプールで過ごす。笑


お腹も空いてきたのでビュッフェでお食事。空腹を満たした後はお買い物に出掛け、EVOの会場へ向かった。
EVO2018 Tekken7の参加者の数は1500人超、EVO初日のプールは、主にTWT(Tekken World Tour)によく参加している強豪プレイヤーが多くいた印象。


順当にWinners側で勝ち上がっていく日本と韓国プレイヤーでしたが、一部では大会ならではの番狂わせが起きてLosersに落ちてしまう知り合いのプレイヤーもいました。特に海外の家庭用大会だと、あまり有名ではない未知の強豪プレイヤー等がしれっと紛れ込んでる可能性もあるので、気を抜けないところですね。まぁ自分の場合はここら辺のことに関して2月のStrongStyleや4月のTWT香港、7月の沖縄黒黒杯などで学ぶことが出来てたのはEVOに参加する上で大きいことだったと思われます。
初日は自分の試合は無かったけど、知り合いのプレイヤーの試合を観て、気持ちを引き締めることが出来た良い感じの1日でした。

本日はここまで!
次回は二日目以降について書いていこうと思います。
それではまた。

文:BKC
監修:スズキング

WRITTEN BY

スズキング

「鉄拳でプロレス」 スズキング(キング)walker gamingスタッフ
キング総会幹事メンバー。 鉄拳にてプロレス風実況 少々 ※声は大きい
よろしければフォローなどm(_ _)m 趣味:プロレス、バス釣り、アニメ、ゲーム、同人等

Twitter

RELATED POSTS

記事一覧