2018-12-06 UPDATE

【ニュース】『20代の金銭感覚についての意識調査2018』にて、FPSがやってみたいeスポーツ1位に

|
LINE

SMBCコンシューマーファイナンスは、『20代の金銭感覚についての意識調査2018』を実施し、その調査結果を公開しました。

ちなみにこの調査はインターネットリサーチで実施され、1,000名の有効サンプルの情報を集計したものです。調査協力会社はネットエイジアとなっています。

この調査の中に、『消費の新潮流』というトピックがあり、その中にeスポーツに関する質問が何点かあったので、以下に抜粋します。

Q.お金をかけてやってみたいeスポーツは?(複数回答可)

1位:FPS・・・22.1%

2位:RPG・・・16.6%

3位:スポーツゲーム・・・16.3%

4位:レーシングゲーム・・・11.8%

5位:パズルゲーム・・・11.0%

6位:ストラテジーゲーム・・・10.8%

7位:格闘ゲーム・・・10.4%

8位:トレーディングカードゲーム・・・5.0%

 

1位は世界的に人気があるジャンルのFPSになってます。最近では大手企業のスポンサーを受けたり、世界大会で日本代表が健闘したり、メディアへの露出が増えてきたジャンルであると思います。

2位のRPGは筆者はポケモンぐらいしか思いつかないのですが、クリアタイムを競うRTAなども競技としての可能性を秘めているかもしれませんね。

3位・4位・5位のスポーツ・レーシング・パズルはライト層でも楽しめそうなゲーム、6位・7位・8位のストラテジー・格闘・トレーディングカードはコア層向けのゲームといった印象でしょうか。

また、『eスポーツの上達のため』にかけてもいい金額の平均は5,163円、『eスポーツのユニフォームや道具のため』にかけてもいい金額の平均は4,620円となりました。さらに『パートナーとeスポーツを楽しむため』にかけてもいい金額の平均は5,705円でした。『競う』ことよりも『楽しむ』ことを優先しているようです。

Q.eスポーツのプロを目指そうと思える年収額は?

全体の平均額・・・2,282万円

20代前半男性・・・3,232万円

20代後半男性・・・1,804万円

20代前半女性・・・2,074万円

20代後半女性・・・1,926万円

全文が気になる方はコチラから調査結果のページに飛べますので、目を通してみてはいかがでしょうか?

WRITTEN BY

ON

WalkerGamingのお手伝い。

ゲームが大好きだけど最近やる時間が無くて嘆いている。

好きなファミコンソフトは『キングオブキングス』。

Twitter

RELATED POSTS

記事一覧