2018-12-02 UPDATE

【ニュース】ポルシェジャパンが『グランツーリスモSPORT』でeスポーツに参入

| | |
LINE

2018年11月30日に、ポルシェジャパンはPS4用ソフト『グランツーリスモSPORT』の大会『Porsche E-Racing Japan』を2019年に開催することを発表しました。

ポルシェ ジャパンの七五三木敏幸代表取締役社長(写真左)は、「(現実の)モータースポーツとeスポーツで変わりはない。非常に盛り上がりを見せているeスポーツでも(ポルシェのモータースポーツの)DNAは活かせると思う」とコメント。

また、「(グランツーリスモSPORTは)極限までシミュレートされている」「多くの人にレーシング体験をして欲しいので、レーシングの世界に入る敷居が低いのはありがたい」と、ゲーム機本体、ソフト、コントローラーがあれば気軽に楽しめるeスポーツならではの『敷居の低さ』で誰もが気軽にドライビングを楽しめることを評価していました。

また、『グランツーリスモ』シリーズでプロデューサーを務める山内一典氏(写真右)は、「モータースポーツの裾野を広げたい」と常日頃から思っていたとコメント。

また、先日開催された世界大会『FIA グランツーリスモ チャンピオンシップ 2018』において、タイヤの摩耗や、給油のタイミングと給油量など細かくシミュレートされており、レースマネジメントもしっかり行なわれていた事を受けて「本物のレースがギュッと凝縮して展開されていた」とコメントし、ゲームならではの魅力の凝縮があることを語っていました。

『Porsche E-Racing Japan』の詳細はまだ発表されていません。約600万人のグランツーリスモのユーザーにとっては、今後注目のイベントになると思われます。

WRITTEN BY

ON

WalkerGamingのお手伝い。

ゲームが大好きだけど最近やる時間が無くて嘆いている。

好きなファミコンソフトは『キングオブキングス』。

Twitter

RELATED POSTS

記事一覧