2018-11-21 UPDATE

【ニュース】R6S、新シーズン『オペレーション ウィンドバスティオン』パッチノート公開

| | |
LINE

UBIソフトは、YEAR3 シーズン4にあたる新シーズン『オペレーション ウィンドバスティオン』のパッチノートを公開しました。
このパッチノートは2018年11月18日にブラジルのリオデジャネイロで開催されたプロリーグのファイナルにて発表され、以前より一部の情報が公開されていた2人の新オペレーター『Nomad』『Kaid』の詳細が正式に公開されました。
さらに新マップ『要塞』が追加され、新オペレーターと共にPCのテストサーバーで使用可能になっています。

『オペレーション ウィンドバスティオン』トレイラーは↓コチラ

新オペレーターの2人の詳細な性能は以下の通り。

・Nomad

プライマリ:AK-74、ARX200
セカンダリ:ACOGレベルのサイトを装着したマグナム
アーマー2・スピード2
固有ガジェット:Airjabランチャー
攻撃側初のトラップオペレーターであるNomadを象徴する装備であるAirjabランチャーはメインウェポンに搭載された感知式のエアグレネード。ダメージはないもののこの爆発に巻き込まれるとノーダメージながら敵味方関係なく吹き飛ばされてしまい、一定時間無防備になってしまいます。特にMiraやClash有効な対策になりそうです。

・Kaid

プライマリ:Aug A3 SMG、スラグショットガン
セカンダリ:ACOGレベルのサイトを装着したマグナム
アーマー3・スピード1
固有ガジェット:Rtilaエレクトロクロウ
Rtilaエレクトロクロウは貼り付け型のガジェットで、投げると接着面にくっつきそのエリアにあるすべての補強された遮蔽物に電気を流すことが出来ます。小さく多様な場所に設置できるので、探知が出来るIQ、EMPグレネードで破壊できるThatcherやドローンで撃ち落とせるTwitch以外には見つけにくいことでしょう。

その他にも新マップの要塞や、オペレーターのバランス調整、投擲物の放物線の調整なども行われました。

プロリーグファイナル興奮も冷めやらない中、新シーズンを迎えたレインボーシックスシージは更なる盛り上がりを見せそうです。

WRITTEN BY

ON

WalkerGamingのお手伝い。

ゲームが大好きだけど最近やる時間が無くて嘆いている。

好きなファミコンソフトは『キングオブキングス』。

Twitter

RELATED POSTS

記事一覧