2018-09-19 UPDATE

【ニュース】BF5:オープンベータ以降の改善点を発表、敵の視認性やビークル武器・フルオート武器調整など

| |
LINE
バトルロイヤルモード「ファイヤストーム」の概要が発表された『Battlefield V(バトルフィールド 5)』ですが、EAおよびDICEはオープンベータで得られたフィードバックへ感謝の言葉を述べるととともに、現在対応中の「重要項目」を発表しました。
以下公式サイトより引用となります。
BF5:オープンベータ以降の改善点を発表、敵の視認性やビークル武器・フルオート武器調整など

 

「Battlefield™ V」オープンベータをプレイいただきありがとうございました!オープンベータでは、戦場となったロッテルダム市街を、そして雪に覆われたナルヴィクを駆け抜け、11月の発売を前に、数多くのプレイヤーに「Battlefield V」を体験いただくことができました。

皆さんからいただいたフィードバックの数々に感謝いたします。フィードバックの一部は既に役立てられており、今後残りも無駄なく活用して参ります。来週には、オープンベータにまつわる「Battlefield V」開発者インタビューと共に、今ベータで得られた情報に関する詳しい記事をお届けする予定です。今回はそれに先立ち、現在対応中の重要項目のリストをご紹介します。

・分隊プレイとマッチメイキング – 既にいくつかの変更が加えられ、発売時に最高の体験をもたらせるように、さらなる改善が行われます。

・消耗戦要素 – 弾薬とライフ回復の入手制限は、私たちが意図した通りに働いていました。また、オープンベータでは、そのバランス調整に必要な多数の情報が集まりました。

・視認性 – 距離によるぼやけ、ライティング、全体的なコントラストやその他の視認性に関して、より敵を見やすくなるように調整が進められています。

・デスのあり方 – バーチャルでのデスを、バーチャルで可能な限り優れた体験になるように瀕死からのデスと、再出撃時間を調整しています。

・ビークル – 戦車とその他車両のダメージ状態、移動、武器について調整が行われています。

・TTKとTTD – TTK(キルにかかる時間)とTTD(キルされるまでの時間)ができるだけ公平かつ楽しくなるようにフルオート武器を調整しています。

・進行とカスタマイズ – プレイヤーでのゲームの進行ができる限りスムーズで、パーソナルな体験となるように調整を進めています。

・PCでの不適切表現のフィルター – オープンベータでのフィードバックを確認し、発売に向けて数多くの調整を進めています。

 

なお、今回紹介される「Battlefield V」の コンテンツやシステムについては、オープンベータから製品版までに内容が変更される可能性があることにご注意ください。

※公式サイトはこちらから

 

改善点がすぐに発表!!ユーザーもどのように調整を行っていくかが解り、非常に好印象を受けます。
今後の展開にも注目していきたいですね!!

WRITTEN BY

スズキング

「鉄拳でプロレス」 スズキング(キング)walker gamingスタッフ
キング総会幹事メンバー。 鉄拳にてプロレス風実況 少々 ※声は大きい
よろしければフォローなどm(_ _)m 趣味:プロレス、バス釣り、アニメ、ゲーム、同人等

Twitter

RELATED POSTS

記事一覧