2018-09-05 UPDATE

【ニュース】『ウイイレ2019』の都道府県対抗eスポーツ選手権、2019年茨城国体に合わせて開催

| | |
LINE

茨城県、日本eスポーツ連合(JeSU)、日本サッカー協会(JFA)は、2018年9月4日に東京にて、『全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2019 IBARAKI』の共同記者発表会を行った。

 

この大会は、2019年に茨城県で開催の第74回国民体育大会(いきいき茨城ゆめ国体)と第19回全国障害者スポーツ大会(いきいき茨城ゆめ大会)に合わせ、国民体育大会文化プログラムとして実施される。国民体育大会文化プログラムとしてeスポーツ大会を行うのは全国初の試み。

現在競技タイトルとして決まっているのは、KONAMIの『ウイニングイレブン2019』のみ。競技は3人1組(CO-OPモード)による団体戦で、プラットフォームはPlayStation 4。部門は年齢制限をつけないオープンの部、高等学校等に在籍する選手に限る少年の部を設定する。なお、表彰は行うが賞金はない。

エントリーに関しては、開設予定の特設サイトにて2019年2月から出場登録を受け付ける予定とのこと。都道府県ごとに行われる予選会はJeSUとJFAの共同運営で開かれ、オンラインとオフラインでの大会を経て各都道府県で1チームずつ代表チームが選出。2019年10月4日~6日に茨城県内で行われる本戦で日本一が決定する。

日本サッカー協会の田嶋幸三会長は「将来的にサッカーに関わる方を1000万人へと増やしていきたい。それには、eスポーツをやる方を取り込んでいくことが不可欠。eスポーツをやった方がサッカーをやる、といった意味で大きな効果が得られると期待している」とのコメントを残している。

また、日本eスポーツ連合の岡村秀樹会長は、「茨城でeスポーツを採用予定という話を頂き、大変な有意義なことと思った。黎明期のeスポーツを国体の文化プログラムで開催するという判断をした大井川・茨城県知事の英断に敬意を表したい」と話し、また「当連合では、eスポーツの認知や裾野の拡大をめざしている。国体という歴史あるスポーツの祭典、新たな元号の元で開催される第1回目の国体に、eスポーツが採用されたことを喜ばしく感じている」と語った。

そして茨城県の大井川和彦知事は、「国体や全国障害者スポーツ大会でeスポーツを文化プログラムとして行うことはかなり話題になっており、成功を固く信じている」と力強いコメントを残している。

また、『ウイニングイレブン2019』以外の競技タイトルも検討しており,決まり次第発表されるとのこと。続報に期待したい。

 

筆者所感:ついに国体にeスポーツが!というニュースでした。個人的には日本サッカー協会の田嶋幸三会長が言っていた、「eスポーツをやった方がサッカーをやる」という考えが興味深かったです。他種のゲームをやっているとこういう発想は忘れがちになるので、これはスポーツゲームならではのアプローチといえるのではないでしょうか。

WRITTEN BY

ON

WalkerGamingのお手伝い。

ゲームが大好きだけど最近やる時間が無くて嘆いている。

好きなファミコンソフトは『キングオブキングス』。

Twitter

RELATED POSTS

記事一覧