2018-08-23 UPDATE

【ニュース】レインボーシックスシージの世界大会、決着。優勝はG2 Esports

| |
LINE

UBIソフトは、2018年8月13日から8月19日にかけてフランス・パリで『レインボーシックスシージ』の世界大会、『Six Major Paris 2018』を開催した。

参加チームは↑の画像のように、全16チーム。詳細は下記の通り。

ヨーロッパ地方

G2 Esports

Millunium

Team Vitality

OrgLess

Team Secret(@teamsecret)

Mock-it Esports(@MockitLeague)

北アメリカ地方

Rogue

EvilGeniuses

Obey Aliance

ラテンアメリカ地方

FaZe Clan

TeamLiquid

Immortals

Ninjas in Pyjamas

アジア太平洋地方

Fnatic

野良連合

Element Mystic

 

これら出場16チームの中から1週間にも及ぶ死闘を勝ち抜いたのは、『G2 Esports』と『Evil Geniuses』。『Evil Geniuses』はコチラの記事で紹介したように、同時期に行われたCOD:WW2の世界大会、『Call of Duty World League Championship 2018』を制覇しており、2タイトル目の獲得もあり得る展開となった。対する『G2 Esports』は予選を通してみても1マップしか落としていないという、圧倒的な戦績で決勝に臨む。

決勝は3本先取制で行われ、結果は3-0で『G2 Esports』の勝利。決勝でも3タテという圧倒的な差を見せつけての優勝となった。

ちなみに日本代表の『野良連合』はグループステージで『Obey Aliance』に勝利し、世界大会初勝利を手にするも『Team Vitality』に負け、グループステージで敗退となった。だが、『野良連合』のWokka選手は唯一優勝チーム以外からMVP候補に選ばれるという快挙を達成した。今後の活躍に期待がかかる。

 

筆者所感:以前コチラの記事で紹介したように、『野良連合』のWokka選手は2018年7月に日本人初のEsportsアワードを受賞するなど、名実共に日本のR6Sプレイヤーの顔とった感じになりましたね!次のシーズンでも活躍に期待大です!

WRITTEN BY

ON

WalkerGamingのお手伝い。

ゲームが大好きだけど最近やる時間が無くて嘆いている。

好きなファミコンソフトは『キングオブキングス』。

Twitter

RELATED POSTS

記事一覧