2018-08-10 UPDATE

【ニュース】PUBG、問題対応を可視化する専用サイト『FIX PUBG』発表

| | |
LINE

PUBG Corporationは、2018年8月8日に『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(以下、PUBG)』PC版の今後3か月のうちに取り組む改善点の詳細と、それぞれの提供予定時期をまとめたロードマップを掲載するサイト、『FIX PUBG』を公開した。今後はこのFIX PUBGにてバグ修正やプレイ改善の進捗を報告するとのこと。

2018年8月9日現在、FIX PUBGでは、8月から10月までのロードマップが公開されている。

 

改善項目は、大きく分けて5つ。

①CLIENT PERFORMANCE(クライアントのパフォーマンス)

キャラクターの移動時の最適化使用されていない武器モデルの最適化、エフェクトの最適化、マップの読み込みの最適化など

②SERVER PERFORMANCE(サーバーのパフォーマンス)

Tick Rate(サーバー側のフレームレート)の改善、Desync(同期ズレ)の改善

③ANTI CHEAT(チート対策)

メモリへのアクセスを試みるチーターの検出およびBAN、疑わしい挙動を見せるプログラムや、最初の防衛ラインを突破した不正プログラムの検出、セキュリティの改善

④MATCH MAKING(マッチング)

より速くより適切にプレイヤー同士を繋ぐという目標があるが、マッチングは複雑なシステムのため軽々しく約束は出来ないとのこと

⑤BUG FIX & QUALITY OF LIFE ISSUES(バグ修正および調整)

各種バグ修正。2018年8月9日現在、挙げられている100項目のうち37項目が修正済み。

 

このように、『FIX PUBG』では、今後のPUBGのゲーム体験の向上のために、様々な動きをしている模様。こういった今何に取り組んでいて、いつまでにできる予定なのか見えるようになることで、プレイヤーからはおおむね好評を得ているようだ。今後もPUBGの現況が気になる方は『FIX PUBG』をチェックしてみてはいかがだろうか?

 

筆者所感:こういう風に開発が今何に取り組んでいるのかわかるようにするという試みはありそうでなかったものですね。開発側からしたら大きなプレッシャーがかかるだろうに『FIX PUBG』を公開したのはものすごい度胸のいる決断だったのではないでしょうか?今後も期待したいですね。

WRITTEN BY

ON

WalkerGamingのお手伝い。

ゲームが大好きだけど最近やる時間が無くて嘆いている。

好きなファミコンソフトは『キングオブキングス』。

Twitter

RELATED POSTS

記事一覧