2018-07-30 UPDATE

【ニュース】レインボーシックスシージPC版、チート対策実施で1週間で約1,300人のチーターをBAN

| |
LINE

以前にコチラの記事で紹介した通り、新たなチート対策に取り組んでいたUBIソフトは、2018年7月27日にPC版『レインボーシックス シージ』のチート対策の進捗状況についての報告を発表した。

その報告によると2018年7月23日に、多数のチートプログラムが利用していたとある脆弱性への対策をおこない、多くの種類のチートの無効化に成功したとのこと。同時に、マップ内のあらゆる場所にディフューザーが設置出来るようになるチートに対しても対策を講じたとのこと。

そしてその結果、UBIソフトはこの1週間で、先月の発表で予測されていた600人を大きく上回る約1300人のプレイヤーに対し、チートによるブースト行為に関わっていたとみなして、ゲームプレイにおけるオンライン機能の利用の一時的禁止措置を行った。

以前、UBIソフトは「不正ソフトウェアを使用してほかのプレイヤーに不利益をもたらしたという明白な証拠が確認」できた場合は、初犯であってもオンライン機能の永久禁止措置をおこなうと、チート使用者には強い態度で臨むことを明らかにしているが、今回の処分は15日間の一時的禁止措置にとどまった。これについて同社は、『Match Making Rank(以下MMR)』システムの調整を現在おこなっているため、暫定的な措置であると説明している。

『MMR』の調整とは、チーターとマッチしてしまったせいで正しい実力がランクに反映されていない状態を調整するためのものとのこと。システムの調整は2018年7月30日からの週に仕様が決まる模様。実装はまだ先のことになりそうなので、続報に期待だ。

なお、今回一時的にBANされた約1300人への処分が、永久BANに発展するかどうかは、今のところ発表されてはいない。ただ、一時的なBAN処分を受けたプレイヤーはパーソナルランクが削除され、シーズン終了時のリワードももらえない。

さらにUBIソフトはランクマッチの際の2段階認証の準備をすすめており、シーズン3で実装される予定であったが、残念ながらシーズン3の開幕には間に合わない模様で、シーズン3の間のパッチで実装されるとのこと。シーズン3の開幕時期についても詳細な日時は発表されていないので、あわせて続報に期待したい。

 

筆者所感:BAN人数が予想の倍以上、ということでUBIソフトが思っていたよりチーターが多かったんでしょうかね?いずれにせよ毅然とした対応で好感が持てます。

WRITTEN BY

ON

WalkerGamingのお手伝い。

ゲームが大好きだけど最近やる時間が無くて嘆いている。

好きなファミコンソフトは『キングオブキングス』。

Twitter

RELATED POSTS

記事一覧