2018-07-24 UPDATE

【ニュース】IOCがeスポーツと五輪についてのフォーラムを開催

| | |
LINE

2018年7月21日に国際オリンピック委員会(IOC)と、非五輪競技団体を含む国際競技連盟連合(GAISF)は、スイスのローザンヌにてeスポーツと五輪との将来的な関わりなどを討論するフォーラムを開催した。

IOCのバッハ会長はフォーラムに参加したゲーム業界関係者やプロのeスポーツ選手、五輪出場経験者と意見交換し、「伝統競技と共通する価値観もある。彼らは人々に情熱を与えている。早急な解決は求めず、対話を続ける」と述べた。また、バッハ会長は将来的な五輪採用には柔軟な姿勢を示しているが、「どう考えてもスポーツではない」と断言するIOC委員もいて、未だに抵抗感は強い模様だ。若者が多い市場に魅力を感じているが、抵抗感はぬぐい切れない、といったことだろうか。

以前の記事で紹介したように、eスポーツは今夏のジャカルタ・アジア大会で公開競技として行われ、中国・杭州での2022年大会で正式競技になる。オリンピックとeスポーツの関わりも、少しずつであるが前進しているといえるのではないだろうか。

 

筆者所感:バッハ会長は柔軟な姿勢を見せてはいますが、五輪種目への道のりはまだ険しそうですね。2020年の東京オリンピックは無理でも、2024年のパリオリンピック・2028年のロサンゼルスオリンピックには実現して欲しいものです。

WRITTEN BY

ON

WalkerGamingのお手伝い。

ゲームが大好きだけど最近やる時間が無くて嘆いている。

好きなファミコンソフトは『キングオブキングス』。

Twitter

RELATED POSTS

記事一覧