2018-07-23 UPDATE

【ニュース】LoL、学生世界大会『ICC 2018』詳細発表

| | | | |
LINE

2018年8月16日~19日にかけて中国・西安で開催されるRiot Games主催の『リーグオブレジェンド(以下LoL)』学生世界大会、『 International College Cup 2018(以下ICC)』の詳細情報と、日本でのライブ放送の詳細が発表された。

ICCには計11の国と地域から13チームが参戦する。内訳は以下の通り。

  • アメリカ:1チーム
  • オーストラリア:1チーム
  • 韓国:1チーム
  • 中国:2チーム
  • 日本:1チーム
  • ブラジル:2チーム
  • ロシア:1チーム
  • ヨーロッパ:2チーム
  • 東南アジア:2チーム
  • 台湾・香港・マカオ:1チーム

ICCはグループステージ・ノックアウトステージ・決勝ステージの計3つのステージを順に勝ち進んでいく形式になっている。各ステージの詳細は以下の通り。

・グループステージ(2018年8月16~17日)
計13チームがランダムにAとBのグループに振り分けられ、Bo1のシングルラウンドロビンを戦い、各グループでTOP3に入ったチームが次のステージに足を進める。

・ノックアウトステージ(2018年8月18日)
グループステージを勝ち上がった計6チームが2つのトーナメントに分かれ、Bo3で戦う。トーナメントの勝者は決勝戦に進み、トーナメントで2位になったチームが翌日の3位決定戦に進む。

・決勝ステージ(2018年8月19日)
3位決定戦がBo3で行われ、決勝戦はBo5にて行われる。

日本の代表は先日行われた『全日本大学LoL選手権2018 UL部門』を制した『東京工科大学e-SportsサークルA2Z』の面々。

ポジションとプレイヤーネームは以下の通り。

TOP:OrangeNa (メディア学部メディア学科2年)
JUNGLE:Nanally (メディア学部メディア学科4年)
MID:Cine (コンピュータサイエンス学部コンピュータサイエンス学科3年)
ADC:MadEmperor (工学部電気電子科2年)
SUPPORT:kukukuga (メディア学部1年生)

彼らの活躍に期待だ。

なお、『ICC 2018』 の日本語放送は学生日本代表のメインサポーターGALLERIAの協力のもと、LFS 池袋 esports ArenaよりLeagueU公式TwitchチャンネルにてLIVE放送で行われる。リアルタイムで試合を見たい場合は要チェックだ。

 

先日行われた全日本大学LoL選手権はプロ顔負けの素晴らしい試合も多かったとの事なので、世界大会も見ごたえがありそうですね!日本代表のA2Zの皆さんの活躍に期待です!

WRITTEN BY

ON

WalkerGamingのお手伝い。

ゲームが大好きだけど最近やる時間が無くて嘆いている。

好きなファミコンソフトは『キングオブキングス』。

Twitter

RELATED POSTS

記事一覧