2018-07-04 UPDATE

【ニュース】オーバーウォッチ、アップデートにて大幅なバランス調整

| |
LINE

2018年6月26日に実施された『オーバーウォッチ』のVer 1.25では、以前の記事で紹介したグループ検索の他に4体のヒーローの調整と、大量のバグ修正が行われた。
各ヒーローの調整内容は以下の通り。
特に最後に記載したシンメトラの調整は、『サポート』から新しいロール、『ダメージ』に変更。変更点も多いので要チェックだ。

ドゥームフィスト

メテオ・ストライク
移動速度ボーナスが150%から200%に増加
攻撃は最大の防御なり
通常アビリティによるシールド付与が30から35に増加

マクリー

デッドアイ
射程を70mから200mに増加
開発者コメント: デッドアイが70mでプレイされることは滅多にありませんでした。通常のゲームプレイにおいて制約の要因とならないよう射程を増加させています。

オリーサ

スーパーチャージャー
アルティメットのコストを15%減少

シンメトラ

「フォトン・プロジェクター」のメイン攻撃
ターゲットを自動追尾しないようになった
射程を10メートル増加
ダメージ増加が1段階につき1秒ではなく2秒かかるようになった
ダメージ増加量が30/60/120から60/120/180に増加
バリアに当てたときに弾薬を消費するのではなく生成するようになった
弾薬を100から70に減少

「フォトン・プロジェクター」のサブ攻撃
ターゲットを貫通しないようになった
接触で爆発するようになった
弾速が上昇
チャージ速度が上昇
直撃ダメージを60、爆発ダメージを60に変更

セントリー・タレット
タレットはその場に設置するのではなく、発射物のように設置できる
携行可能なタレット数が6個から3個に減少
設置可能のタレット数が6個から3個に減少
ダメージを増加
スロー効果を増加

テレポーター
出口をシンメトラから最大25m離れた場所に設置できる
入り口がチームのスポーンポイントではなく、シンメトラの目の前に自動的に作られるようになった
10秒間持続
ヘルスを300に減少
より多くのものがテレポート可能に(例:ジャンクラットのRIPタイア)
入口は破壊可能
入口か出口が破壊された際はもう一方が消える

新アルティメット「フォトン・バリア」
マップ全体を横断するほど巨大なバリアを設置する
アルティメットのボタンを再度押すことで向きを変えられる
15秒間持続
5000ヘルス

WRITTEN BY

ON

WalkerGamingのお手伝い。

ゲームが大好きだけど最近やる時間が無くて嘆いている。

好きなファミコンソフトは『魂斗羅』。

Twitter

RELATED POSTS

記事一覧