2018-06-27 UPDATE

【ニュース】オランダでルートボックス(海外版ガチャ)是正命令

| | | | |
LINE

2018年4月、オランダの賭博当局は人気のゲーム4タイトルに搭載された『ルートボックス』がギャンブルに値するとして是正命令を行っています。

その4つのタイトルとは
『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(以下PUBG)』
『Dota 2』
『FIFA 18』
『ロケットリーグ』

『ルートボックス』とは、ランダムなアイテムの入った宝箱をリアルマネーで買う仕組みのことで、日本のソーシャルゲームでいう『ガチャ』に近いものになっている。

対象となったパブリッシャーや開発者は2018年6月20日までに『十分な修正』がなされていない場合、該当する販売社は法律違反として83万ユーロ(日本円にして約1憶600万円)の罰金、もしくは総売上高の一部を納めなければいけないとされている。

2018年6月20日を過ぎた今、各タイトルの対応を見ていきたい。
『PUBG』、『ロケットリーグ』では、『ルートボックス』変わる新たなアイテム販売形式、いわゆる『バトルパス系』のシステムを発表している。

↑の画像は『PUBG』の新しいアイテム販売方式、『イベントパス』

『Dota 2』は、オランダでの『ルートボックス』景品アイテムのトレードやSteamマーケットでの売買が行えなくなった。
これは、『ルートボックス』でのアイテム出現が運に依存している他、アイテムの現金化、もしくは現金に類するものへの換金が可能となっており、そのことがオランダの賭博に関する法律に違反しているというオランダ賭博当局の見解への対応策となる。

一方、『FIFA 18』の販売元のEAは『FIFA』のルートボックスは賭博ではないと主張。
CEOのアンドリュー・ウィルソンによれば、EAは「世界中の企業団体や、さまざまな分野における規制担当省庁と協力して活動しており、FIFA Ultimate Teamなどのプログラムはギャンブルではないと結論付けました」との事。

ちなみにオランダ以外の国では、ベルギーが『ルートボックス』は賭博に当たるとし、アメリカ、イギリス、ニュージーランドは『ルートボックス』は賭博に当たらないとしています。
今後も国ごとに『ルートボックス』論争は続いていきそうです。

WRITTEN BY

ON

WalkerGamingのお手伝い。

ゲームが大好きだけど最近やる時間が無くて嘆いている。

好きなギャンブルは『仮面ライダー倶楽部のルーレット(2コンマイク有り)』

Twitter

RELATED POSTS

記事一覧