2018-06-16 UPDATE

【インタビュー】株式会社アリカ様の代表取締役社長 西谷亮様にインタビュー(後編)【FEXL】

| | | | |
LINE

こんにちは!WalkerGamingスタッフ:スズキングです!!

本日は先日5月26日に行われた『格闘ゲーム複合対戦会』において、株式会社アリカ様の代表取締役社長 西谷亮様にインタビューをさせて頂きました。
今回はその後編となります!(前編はこちらをご覧ください!)
※以下、敬称を略させていただきます。予めご了承ください。

他にも魅力が盛りだくさん! FIGHTING EX LAYER!

――背景のお話しを少しお伺いしたかったのですが、 かなりグラフィックが作りこまれているなと個人的にも印象を受けています。

西谷:綺麗ですよね! 今回かなり頑張ったと思います。

――やはりそうですよね。

西谷:これはアンリアルエンジンを使ってやっています。その特徴を活かすために、光の当たり方であったりとか、研究してやっていますね。

――確かに、キャラクターが所謂ヌルヌル動くことや、エフェクト1つ1つの綺麗さを取ってみても、プレイしていて感じられた部分でした。

西谷:ありがとうございます。 常にこういった格闘ゲームがある中で、やはりその中で比較してしまいますよね。

――そうですよね。各メーカー様出されていますから。

西谷:追いつき、追い越せで合わせていかなければいけないということで、 結構頑張ってやってもらいました。

――(画面のJACKの勝利ポーズを見ながら)こういった勝利ポーズのバックをぼかす演出等、非常に洗練されていますね。

西谷:こちらとしてもちょこちょこアンリアルエンジンで勉強はしていたんです。今回は本格的に勉強して、使用したということもあったので、 うちの会社としても良かったなと思いますね。

――他の体験したプレイヤーからも〝すごく滑らかに動いて綺麗だよね〟という声が上がっていました。

西谷:嬉しいですね、ありがとうございます。

FIGHTING EX LAYERの製品版はどうなる??

――今、テスト版ということで、メニュー画面(キャラクター選択画面)になっていますが、今後例えばプラクティスとかの実装とかもあるのでしょうか?

西谷:実はあるんですよ!

――おお!

西谷:EXシリーズでお馴染みの『エキスパートモード』があります(笑)

※次々と出される課題をクリアしていく「エキスパートモード」(『EX plus α』)や 「トライアルモード」(『EX2 PLUS』)がある。また、『EX2 PLUS』では最上位の難問に挑戦する「マニアックモード」があり、 一部のキャラクターを除いて「MAXコンボ(即死コンボ)を叩き込め!」が主流となる。

――プレイヤーが涙を流しながらやったという、あの(笑)

西谷:いやぁ、今回も難しいですよ……

――私も年齢が今年32歳となりますが、ストリートファイター2から始まり、SFEXも触らせていただきましたが、あれも大概でしたね(笑)

西谷:大概でしたね(笑) 僕もやったんですけど、泣きながらやりましたよ……

――西谷様もですか!?

西谷:僕が問題を作ってはいなくて、担当者がいて、試しにやってみてくれと言われて(笑)
本当にクリアできるのかよ! みたいな……(笑)

――担当者の方が色々な経緯で作られたのですね(笑)

西谷さん:そうです(笑)
今回も、最初から入れたいなという経緯はあったんですけれども、工数の問題等で、途中でダメかもしれないと思っていたのです。 ですが、〝いやでも、これは入れなきゃいけない〟と思って無理にねじ込んでいれました。

――でも、それがシリーズの〝特徴〟ですよね!

西谷:これは入れなきゃダメだろうと(笑) ですので、ねじ込みました! やりごたえのあるものに仕上がっています。

――嬉しいと思います。 シリーズ通してやっているプレイヤー。本日も来れられていたんですけれども、本当にそういう部分がファンに取っても〝EX〟なんだなと……

西谷:そう思っていただければ嬉しいですね。

――個人的にお伺いしたかったのですが、西谷さんが好きなキャラクターというのはいらっしゃるのでしょうか?

西谷:カイリ、あとアレン辺りは好きですね。おもしろいですよ。

――動かしててもといったところもでしょうか?

西谷さん:そうですね。あと、今回プログレッシブコマンドがあることによって、ダランの1回転コマンドがN↑Pで出るんですね(笑)

――そうですね(笑) 衝撃を受けました!

西谷:これはいい! ということでダランも好きですね!(笑)

――1発のダメージの気持ちよさですよね。

西谷:あれですよね。 そして、未だに身内でもテストプレイを繰り返していても、 ダランが『強氣』の組み合わせ戦い方が結構変化するんですよ。 一番影響を受けるといっても過言ではないくらい。 色々と幅が広がるというか。

――確かに。この会場内でもザワついたのが〝消えるダラン〟(笑)

西谷さん:(笑) 投げキャラが消えていいのかという(笑)

――あれは凄いですよね(笑) どっから来るのかわからないっていう……

西谷:結構影響受けると思うんですよね。

――ダラン一つ取ってもデッキ選び放題ですよね。〝ミラクル・ダラン〟も怖いですよ。

西谷:ヤバいですよね(笑)ミラクルは発動してしまったら強いんですけど、 ダランでミラクル発動させてしまったら〝終わり〟ですよ(笑)

――誰も手が付けられないですよね!

2人:(爆笑)

――ちなみに基本的には3ラウンド先取で大会も行われていくのでしょうか。

西谷:はい、そうですね。一応それでやるつもりでいます。

――やはりその中で、〝2ラウンド追い詰められてからの大逆転!〟と、いったところも使えるようなシステムになっていると。

西谷:そうですそうです!

――これは今から製品版の発売が楽しみですね!
では、ここまで ご質問等させて頂きましたけれども、私もファンとして、こういった場でお話しできたことを嬉しく思います! 本当にありがとうございました!!

西谷:ありがとうございました!!

――それでは、インタビューコーナーはこれにて終了とさせて頂きます。 皆様ありがとうございました!!

監修:FIGHTER

WRITTEN BY

スズキング

「鉄拳でプロレス」 スズキング(キング)walkergamingスタッフ
キング総会幹事メンバー。 鉄拳にてプロレス風実況 少々 ※声は大きい
よろしければフォローなどm(_ _)m 趣味:プロレス、バス釣り、アニメ、ゲーム、同人等

Twitter

RELATED POSTS

記事一覧