2018-09-07 UPDATE

【鉄拳7攻略】鉄拳7シーズン2 ~スズキングのキング所感~

| | | | | |
LINE

鉄拳7シーズン2 ~スズキングのキング所感~

こんにちは!walker gamingスタッフ:スズキングです!
シーズン2となり、皆様ご自身のキャラクターの調整内容を確認しているかと思います。
今回は、私がメインとしている『キング』について所感を書いていこうかと思います。
上級者向けというよりは、初~中級者の方々向けとなっておりますので、ご了承くださいませ。

先ずは調整内容からおさらい

『キング』

コマンド 内容

レイジ中に 3WP ・攻撃判定の持続時間を「1F」増やしました
ライトストレート~レフトアッパー RPLP・ダメージを「12」→「15」に変更しました
ブルータルサイクロン WPLP ・空中ヒット時の相手の挙動を変更しました
エルボーフック1発止め 3LP ・ガード時の相手との距離を近くしました
エルボーフック 3LPRP ・ヒット時の硬直差を「+1F」→「+3F」に変更しました
ダブルフックインパクト1発止め 3RP ・ヒット時の硬直差を「+3F」→「+4F」に変更しました
ダブルフックインパクト 3RPLP ・1発目カウンターヒット時に2発目の入力を遅らせても必ず連続ヒットするようにしました
脳天唐竹割り1RP・ヒット時の相手との距離を近くしました
アメリカンジャブ~トゥーキック 4RPRK (正面ヒット時のみ) ・投げへ移行する条件を「カウンター時のみ」→「正面ヒット時のみ」に変更しました
アメリカンジャブ~ヘッドバット 4RPWP・ヒット時の相手との距離を近くしました
893・K 4RK・攻撃発生を「15F」→「17F」に変更しました
・ガード時の硬直差を「-6F」→「+2F」に変更しました
・ガード時/空中ヒット時の相手の挙動を変更しました
・ヒット時にウォールバウンドを誘発するように変更しました
・相手を押す力を弱くし、ヒットしやすくしました
・クリーンヒット判定を削除しました
フライングニールキック 9LK ・ガード時の相手との距離を近くしました ・技の後半部分のガード時の相手の挙動を変更しました
ナックルボム 9WP・ヒット時の相手との距離を近くしました
エルボードロップ 9RP・ダウン状態になるのを「15F」早くしました
エルボーインパクト 6RPLP ・ダメージを「20」→「25」に変更しました ・ヒット時の相手との距離を遠くしました
ブラックボム 6N23WP ・空中ヒット時の相手の挙動を変更しました
ストロングニー 666LK ・ヒット時の相手の挙動を変更しました
ヴィクトリー掌打 横移動中にRP
・ダメージを「30」→「25」に変更しました
・ヒット時/空中ヒット時にスクリューを誘発するように変更しました
・攻撃発生を「18F」→「19F」に変更しました
相手に背を向けてLK
・ダメージを「15」→「18」に変更しました
・ガード時の硬直差を「-16F」→「-13F」に変更しました
・ヒット時の硬直差を「+7F」→「+9F」に変更しました
・空中ヒット時の相手の挙動を変更しました
・攻撃ヒット範囲
を拡大しました
ネックハンギングスロー 相手に接近して 8WP ・相手が横転受け身を取れるようにしました
ジャイアントスイング 相手に接近して6n41236LP ・相手の横転受け身の入力受付時間を「1F」増やしました
バイアグラドライバー (相手しゃがみ中) 接近して 2WR ・フロアブレイクを誘発するように変更しました
ゴールデンヘッドバットorフィギアフォーレッグロック (相手仰向けダウン中) 足側で 1WL(or WR) ・相手の横転受け身の入力受付時間を「1F」増やしました
リバースゴリースペシャルボム 横移動中にWR ・しゃがみステータスを追加しました

補足:スプリングキック (相手足側) 仰向けダウン中に WK ・ジャンプステータスの発生を「16F」→「12F」に変更しました

シーズン2のキング変更点 ~コンボ編~

今回のキングで先ず注目すべきは何といっても壁バウンド技となった『893・K』

発生が17Fで上段、ダメージは単発25とそこそこのダメージ。
やはり、一番活きるのはガード崩し(66nWP)カウンターヒット後かと。

壁の近い位置でガード崩し→カウンターヒット(+18F)→893・K→壁バウンド→急所蹴り(背向け中LK)→壁貼り付け直し→掌底(LPRP)→
ダウン投げ(ゴールデンヘッドバットorフィギアフォーレッグロック)orムーンサルトボディプレス

上記が入るようになりました。

しかし、注意点が1点↓

『壁ド近距離』で893・Kヒット→壁バウンド→急所蹴りを行うと、掌底(LPRP)のLP部分が当たりません。
もし、その距離でヒットした場合、背向け中RKに切り替えるとLPが当たるようになります。

壁が近ければ893・Kをスカ確で入れることが出来れば、また一つ戦略が増えるかもしれませんね!

 

続いて、注目は『ヴィクトリー掌打 横移動中にRP』

ダメージが「30」→「25」と減り、攻撃発生を「18F」が「19F」と下方修正となったものの、ヒットで直スクリューとなりました。

コンボとしては↓

簡単なもの↓

ヴィクトリー掌打→スクリュー→トゥーキック(6LK)→シューティングキックコンビネーション2発(3RKLK)→スイング式ジャンピングジャガーボム(空中の相手に6n41236LPorRP)
ダメージ:62

少し難しい↓

ヴィクトリー掌打→スクリュー→トゥーキック(6LK)→シューティングキックコンビネーション2発(3RKLK)→掌底1発(LP)→ランニングジャガーボム(空中の相手に666WR)
ダメージ:67

難しい↓

ヴィクトリー掌打→スクリュー→トゥースマッシュ(キングステップ中RK)orジャガーフック(66LP)→シューティングキックコンビネーション2発(3RKLK)→掌底1発(LP)→ランニングジャガーボム(空中の相手に666WR)
ダメージ:69

上記のコンボは全体的に壁へ運ぶ場合は、シューティングキックコンビネーション2発(3RKLK)→掌底1発(LP)→エルボーインパクト(6RPLP)

とするのも良いかと思います。

あくまでも上記はコンボ例であり、色々と研究が進めば変わってくるかと思いますので、ご了承を……。

シーズン2のキング変更点 ~立ち回り編~

立ち回りとして気にしなければならないのが↓

①ライトストレート~レフトアッパー RPLP・ダメージを「12」→「15」に変更しました
②エルボーフック1発止め 3LP ・ガード時の相手との距離を近くしました
③エルボーフック 3LPRP ・ヒット時の硬直差を「+1F」→「+3F」に変更しました
④ダブルフックインパクト1発 3RP ・ヒット時の硬直差を「+3F」→「+4F」に変更しました
⑤ダブルフックインパクト 3RPLP ・1発目カウンターヒット時に2発目の入力を遅らせても必ず連続ヒットするようにしました

①に関しては、純粋に嬉しいダメージアップ。使用頻度もアップか。
②③に関しては、ヒット時に+フレームが増えたことにより、例えばヒット+3F→ローキック(2RK発生14F)とエルボーフック(3LP発生14F)の2択が割られずらくなったりと、
立ち回りでも非常に使えるようになりました。
④⑤も同じく。特に⑤に関しては、ヒット確認も以前よりやりやすくなったのも+ポイントですね。

逆に、以前と行動を変えなければ行けない技として↓

『エルボーインパクト 6RPLP ・ダメージを「20」→「25」に変更しました ・ヒット時の相手との距離を遠くしました』

これは、今までガード崩し→カウンターヒット→エルボーインパクト→前ダッシュ→アリキック1発
最後のアリキック1発が確定していたのですが、シーズン2からは距離が離れ入らなくなりました。
しかし、ダメージを「20」→「25」と増えているので、ヒット後は起き攻めや、様子見を駆使してみましょう。

そして、

『リバースゴリースペシャルボム 横移動中にWR ・しゃがみステータスを追加しました』

最後のマッスルバスター派生まで決まれば103ダメージと高火力!
上段に対してのマストアイテムとして使用していければダメージ効率もアップしますね!

 

他にも細かい調整が施されており、スズキング的にもまだまだ分からない事ばかり!
上記が少しでも参考となればうれしいです。
是非シーズン2、探りながら見つけたものを立ち回り、コンボに活かし楽しんでプレイしましょう!

簡単ではありますがこの辺で!アディオス!!

WRITTEN BY

スズキング

「鉄拳でプロレス」 スズキング(キング)walker gamingスタッフ
キング総会幹事メンバー。 鉄拳にてプロレス風実況 少々 ※声は大きい
よろしければフォローなどm(_ _)m 趣味:プロレス、バス釣り、アニメ、ゲーム、同人等

Twitter

RELATED POSTS

記事一覧