2018-06-22 UPDATE

【ニュース】レインボーシックス シージ、アップデート2.1実施

| | | |
LINE

Rainbow Six Siege(以下レインボーシックス シージ)』においてバグ修正を含むアップデートが実施された。

このアップデート2.1はPC版には2918年6月20日、コンソール版へは2018年6月26日へ配信されている。
内容は以下の通り。

①ゲームプレイ

ある手順を踏むとプレイヤーが3人称視点にアクセスできたのを修正
ラウンド後のリプレイでオペレーターの手にカウンターディフューザーが現れなかったのを修正
EMPの停止エフェクト中に防弾カメラを回収すると、カメラに赤いライトが残っていたのを修正
リロードアニメーションと弾薬数が同期されない場合があったのを修正
グレネードが、投げた主をキルする場合があったのを修正

②オペレーター

・ALIBI

ほとんどのチャームがAlibiのMX4 Stormを貫通していたのを修正
『Mountain Foliage』ヘッドギアとユニフォームが誤ったサムネイルを表示していたのを修正

・BANDIT

『Banditキーチェーン』チャームが低解像度で表示されていたのを修正

・ECHO

Yokaiのソニックバーストが聴覚を失う効果を与えないことがあったのを修正

・MAESTRO

イーヴィルアイが両方破壊された後ガジェットボタンを押すと、Maestroがスタックして射撃できなくなっていたのを修正
MaestroのイーヴィルアイがTwitchドローンで妨害された後も敵をピン立てできたのを修正
イーヴィルアイがガジェットにもオペレーターにもダメージを与えない場合があったのを修正
Maestroが準備フェースで伏せたままタレットを展開できたのを修正
イーヴィルアイがオーバーヒートした後に、プレイヤーが右クリックを押したままにすると防弾ガラスが開かなかったのを修正
MaestroがPvEでタレットによるアシストのボーナスポイントを受け取れなかったのを修正
イーヴィルアイが展開時にアセットを壊さなかったのを修正

・TACHANKA

『Para Bellum』ヘッドギアを装備しているとTachankaのスキンが赤くなっていたのを修正

・THATCHER

準備フェーズ中、Thatcherのポートレイトがエリートユニフォームカードで整列されなかったのを修正

③レベルデザイン

クラブハウスの特定のスポットに置くと防弾カメラが破壊不能になっていたのを修正
クラブハウスのフェンスの反対側から登ることができたのを修正
クラブハウスの建物外の落書きエリアでラペリングしたときに起こる複数の問題を修正

④ユーザー体験

シーズン武器スキンのバナーで『Para Bellum』のスペルが間違っていたのを修正
プレイリストにバンまたは6番目のピックを追加するとオペレーター選択画面が正しく表示されなかったのを修正
マッチメイキング中に「サーバーへの接続が切れました」というメッセージが表示されていたのを修正
カスタムゲームでオペレーターをバンするとPvP/PvEマッチで一時的に使用不可のままになっていたのを修正
ヴィラの『Discovery』プレイリストで「Play 0x14839b2b18」と表示されていたのを修正
『カルネヴァーレ』スキンのダイヤモンド模様がストックの下部で壊れて見えていたのを修正
『フルスクリーン』ディスプレイモードがバンフェーズで選択できなかったのを修正

以上になります。
新オペレーターのMAESTROの修正が多いですね。
今回の修正で使用感も変わると思うので、改めて使用してみてはいかがでしょうか?

WRITTEN BY

ON

WalkerGamingのお手伝い。

ゲームが大好きだけど最近やる時間が無くて嘆いている。

好きなファミコンソフトは『魂斗羅』。

Twitter

RELATED POSTS

記事一覧